武富士などの消費者金融はNGでも銀行は総量規制対象外です。

 
2010年6月施行の改正貸金業法の総量規制はみなさんご存知でしょうか。総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み/規制を言います。キャッシング、カードローンを利用する多くの方にかかわりがある改正ですが、実は意外に総量規制のことを知っている人は少ないようです。 大きなポイントは『総量規制では、消費者金融や信販会社などの貸金業者が対象となる』という点にあります。たとえば武富士は消費者金融ですから総量規制の対象となります。武富士で借入がある方は、年収によっては追加の借入が一切できなくなってしまいます。武富士の他には、アイフル、アコム、モビット、オリックスVIPローンカード、オリコ、プロミスなども消費者金融となります。 しかしこの総量規制には、多くの人が「抜け道?」と感じるような取り決めもあります。それは、『銀行カードローンなら総量規制の対象外』という決まりです。武富士がダメでも、アコムがダメでも、銀行のカードローンなら門前払いということはないのです。当サイトでは今すぐに申し込める大人気の大手銀行のカードローンをお勧めいたします。 A銀行のカードローンは、低金利で迅速な審査で即日利用が可能のカードローンです。口座を所有している人の場合は即日振込み融資も可能です。24時間365日インターネットよりお申し込みいただけます。 インターネットからの申し込んだ場合、仮審査結果を迅速にEメールで連絡してもらえます。カードローンを借りるにあたって、A銀行に口座がなくても申し込めるのが嬉しいところです。いちいち預金口座を別途開設する必要がないので便利ですね。 利用シミュレーションも完備されています。借入、返済などに不安を持っている方はそちらを試してみることをおすすめします。 20歳以上であれば主婦やパート・アルバイト・学生・派遣社員の方でも申込めます。外人もOKです。こうした申し込みやすさが幅広い年齢の方に支持されています。

B銀行

B銀行のローンは、人気急上昇中の銀行カードローンです。銀行ですから総量規制の対象からは除外されています。 融資の申し込みや実行の際も、パソコン・携帯電話で手続きを完結させることが可能です。審査結果のほうは、普通預金口座をお持ちの方なら最短でお申込日の当日にパソコンや携帯電話のEメールアドレスあてに審査終了のご案内がもらえます。この場合、最短で即日融資も可能ということになります。急ぎの方には嬉しいですね。 安定した収入のある方なら主婦やパート・アルバイト・派遣社員などの正社員以外の方でもご利用可能です!借入可能上限額は300万円です。

C行カードローン

C行のカードローンも総量規制の対象外となります。 C行の一番の特徴は低金利なところにあります。5.0%〜という水準は驚きの低金利だといえます。銀行カードローンの中でも頭一つ飛びぬけていると言ってよいでしょう。限度額が最高500万円というのも銀行カードローンならではです。 現在ご利用のキャッシュカードに、カードローン機能を付加することも可能です。もちろん、ローンカードを新たに発行することも可能ですので、C行の口座をお持ちでない方も安心してご利用いただけます。

D銀行カードローン

D銀行ローンはD銀行の個人向けカードローンです。一番の特徴は金利水準にあります。特に下限金利が低金利ですね。4.0%という水準はカードローンの借り換えにも適しています。業界最低水準の低金利といっても過言ではありません。下限の金利が5%を割り込む水準はとってもお安く、大手銀行カードローンでもなかなかないですよね。 限度額はもちろん500万円。銀行カードローンだからこその高額設定です。 グループですので、携帯電話・パソコンで24時間申込みも可能。オンライン口座なのでいつでも借り入れと返済ができますので、とても便利です。 また、利用金額・残高に応じてポイントがたまりますので、会員の方はかなりお得ですよね!

銀行系カードローンと銀行カードローンは違う

銀行系カードローンと銀行カードローンは基本的に違います。銀行カードローンは文字通り銀行本体が発行するカードローンであり、銀行系カードローンは基本的に銀行グループに属する消費者金融です。この違いは改正貸金業法の総量規制の対象となるか否かを分ける、大きな違いとなっています(銀行系カードローンは消費者金融なので総量規制の対象になる)。 具体的には、銀行系カードローンに属するのはアコム、武富士、アイフル、オリコなど、銀行以外のところです。こうしたところから借入をしている場合は、総量規制の影響を受けますので、年収によっては追加の融資がなかなか難しいという事態になってしまいます。 ですが、銀行本体が展開するカードローンは別です。総量規制の対象外です。抜け道とか救済策とかいうわけでもないでしょうが、困った状況にある方は今一度、銀行カードローンを検討してみることをおすすめします。

 

 

 
FX特徴